マネックスFXの注文方法
マネックスFXの注文方法について

マネックスFXの注文方法について

マネックスFXには、下記の様な注文方法があります。

ストリーミング注文
(複数建玉方式)
取引画面上で連続的に提示される取引可能なレートを、任意のタイミングでクリックすることにより約定する注文方法
ストリーミング注文
(FIFO方式)
建玉を選択して決済を行なう通常の決済方式とは異なり、最も古い建玉から順番にシステムが自動で決済を行う注文方法
成行注文 (携帯取引専用)
提示されたレートは参考レートとなるため、通貨ペア・注文数量・売買のみを指定していただき、データがに到達した時点の提示レートで約定される注文方法
※携帯からではこの他に指値注文・逆指値注文・一括決済が可能
一括決済注文 未決済建玉全てを一括で決済することが可能の注文方法
※決済対象となる建玉は
1.全ての未決済建玉
2.特定通貨ペアの売り、又は買いのどちらか片側サイドの全未決済建玉
指値注文
(リミットオーダー)
新規注文や未決済建玉の決済注文(利食い)を出す際に、現時点よりも有利なレートを指定する注文方法
逆指値注文
(ストップオーダー)
新規注文や未決済建玉の決済注文(損切り)を出す際に、現時点よりも不利なレートを指定する注文方法
IFD注文
(イフダン)
新規注文(一次注文)が成立すると同時に、その新規建玉の決済注文(二次注文)としての指値、或いは逆指値注文を有効にする2段構えの複合注文方法
OCO注文
(オーシーオー)
2つの注文を同時に発注し、どちらか一方の注文が約定された場合には、約定していない他方の注文が自動的に取消される複合注文方法
※出される2つの注文は、通貨ペア・注文数量が同じであることが条件
IFD-OCO注文
(イフダン・オーシーオー)
IFD注文(イフダン)の一次注文である新規建玉注文が約定されたら、二次注文である決済注文を単独の注文(指値、又は逆指値)の代わりにOCOに置き換えた複合注文方法
トレール注文 価格の変動幅に合わせて、逆指値注文を1pipごとにリアルタイムで自動修正する注文方法
相場が右肩上がりの時には、どんどん値が上がっていってもしっかり損失の管理もしているため、最大限の利益を得られるという優れものの注文方


マネックスFX

マネックスFXの注文方法内の記事一覧