ロスカット
ロスカットの概要/FX基本情報

ロスカットについて

取引で含み損が生じた場合に、追加の証拠金である"追証"を要求されると先に述べましたが、これはあくまでも証拠金維持率を超えていますよという"アナウンス"であり、そのまま取引を継続することも可能です。

但し、通常それ以上損失が進むと強制的に取引を終了させる"強制決済=ロスカット"がかかります。

取引業者によっては、これ以上の損失を食い止めるためにロスカットを自動的に行う仕組みになっているところもあるし、事前に割合を決めてロスカットの発動を行う設定を決めるところもあるので、事前のチェックが必要です。

注意が必要なのは、ロスカットもかからず評価損が証拠金の金額を越えた時点でようやく決済されるという問題もよく起こっています。

高率のレバレッジをかけ取引をして思わぬ大きな損失を被るという問題も多いので、為替の動きや取引の内容等はご自分の責任にて充分な管理を心がけてください。

マネックスFX

ロスカット内の記事一覧