ファンダメンタル分析
ファンダメンタル分析の概要/FX基本情報

ファンダメンタル分析

まずファンダメンタルというのは、その国の国際収支・GDP・インフレ率・物価動向・雇用統計・消費者物価指数などの"経済の基礎的状況・要件"の事です。
そして、それらをトータル的に見極め今後の経済の先行きを予測し、今後の為替レートの
動きを予測する分析方法がファンダメンタル分析です。

 

ファンダメンタル分析だけで全てが足りるかというと、そういうわけではありません。
というのは、明らかに金利と為替は大きな関わりがあるし、それにお金は条件がいい方に流れる傾向がありますが、金利は為替が変動する一つの要因にすぎません。
金利が高いからといってその国の通貨が買われるとは限らないし、FX取引を行う2国間の経済状況だけで為替レートが決まるわけでもない。

 

為替相場には、複雑な国際状況が絡み合ってくるし、専門家の景気予測も様々だし、自分の頭で考えるための一つの手段としてファンダメンタル分析を学ぶと、為替の先行きを判断する一つの指標になると思います。

 

FX取引は短期で行う人が多く、その場合はチャートなどを使ったテクニカル分析が有利と言われている為、ファンダメンタル分析をおろそかにしている方も多いですし、経済情勢などの分析は難しいからと手付かずになってしまう方も多いです。
しかし、特に中長期の為替レートの予測ではどうしても必要になってきますので、知識を詰め重ねていく事をお勧めします。

 

マネックスFX

ファンダメンタル分析内の記事一覧