追証について
追証の概要/FX基本情報

追証

FX初心者にとって、一番注意が必要なのが"追証"で、追証について理解しておく必要があると思います。
とくにレバレッジを使ってFXを行う人は、しっかり理解しておくべきです。

ご自分が取引した結果として生まれた評価損に対する"追加の証拠金"で、正式には"取引追証拠金"(通称 "追証"="マージンコール")といいます。
あくまでもペナルティではなく、これから先も取引を継続したい場合に納める"追加の証拠金"の事です。

まずFXの仕組みは、取引口座に入金した資金"証拠金"を担保として預け、その担保を元に通貨を借りて取引をする形になります。
そしてその日の取引で含み損が生じた場合、取引を維持するのに必要なだけの担保価値を持たなくなる為、あらためて保証金の追加するか若しくは取引を終わらせるかを選択させるルールになっています。

FX会社によって証拠金を維持する為割合は様々ですが仮に50%だとして、10万円の証拠金を10倍のレバレッジで運用して、1ドル=100円で1万ドル買ったとします。
そして円高で1ドル=95円に為替が変動した場合、1万ドル×-6円=-6万円の評価損になりますよね?
その場合、証拠金は10万円なので評価損6万円は維持率50%を超えてしまいます。
そうすると、追証すなわち追加の証拠金を求められる事になります。

マネックスFX

追証について内の記事一覧